• 注文住宅の建築コストについて

    • 注文住宅で家づくりを行うためには土地が必要になるわけですが、土地の選び方によっても建築コストと言うのは変わることがあるのです。道路に面した土地は家を建築することが出来るのですが、建築基準法により、道路と敷地は2メートル以上もしくは3メートル以上隣接していれば住宅を建築することが出来るようになっています。

      また、道路の中心から2メートル以上有る道路に隣接している事も条件となるのですが、中心から2メートル以内の場合はセットバックを必要とし、この場合は注文住宅で家を作る時には必要量の土地が減ることになるのです。

      土地には色々な形状があるわけですが、旗竿状の土地は道路と2メートル以上もしくは3メートル以上設置している事が建築基準法の中で定められているのです。

      そのため、間口部分が2メートル以上あれば住宅を作れるのですが、仮にその土地が古屋付きの場合、住宅を解体する時など道幅が狭いと重機の搬入が出来ず、人が解体を行い、廃材を運び出す事になります。また、注文住宅で家を作る場合でも、重機が使えなければ人が建材を運び出したり、基礎用のコンクリートの輸送も人が行う事になりますので、人件費という経費が多くかかることになるのです。同じ広さの土地でも、土地の形状や環境が異なる事で建築コストというものが変わるため、注文住宅で家づくりをする時の土地の選び方というのは建築コストへの影響を考慮し土地選びをする事が大切なのです。注文住宅と言うと、建売住宅よりも高いと言ったイメージを持つ人は多いものですが、このイメージは実際に家づくりを行うと建売住宅とはそれほど変わらないケースも十分あるのです。建売住宅と言うのは、一度に幾つかの住宅を建築します。これらの建築物の設計は同じ設計事務所が行い、使われている建材も同じようなものが利用されているのです。外観そのものは異なる建築物でも、建売住宅の外観を見ると似ている建物が多くあります。

      同じような建築物を一度に幾つか建築する場合などでは、木材などは工場の中で大量生産が可能になりますし、住宅の内部で利用する設備などについても同じことが言えるわけです。
      大量生産を行うと言う事は、コストを下げることが出来るため、建売住宅は注文住宅と比べると安いと言う事になるのです。

      また、建売住宅は土地と建物がセットになっていますので、土地の部分も大きな敷地をいくつかに分割して販売していますので、土地代自体も安くなっているのです。注文住宅でも、住宅に使われる建材や設備などのグレードを変えていくことで、価格はピンからキリまでとなるのが特徴です。

      自由設計が出来るのが注文住宅の魅力でもあり、建物に利用する建具や外壁などで利用するサイディングボード、住宅設備などを1つ1つ選んで家づくりを行うのです。


      建具やサイディングボード、住宅設備というのは色々な種類が有りますし、価格が安いものもあれば高いものもありますので、一概に注文住宅は高いということではないのです。

      岩手の注文住宅の人気度が上昇しています。

      独自のシステムで練馬区の新築一戸建て情報を集めているサイトです。

      世田谷区でのペット可の初歩を知らない方でも理解できるよう情報をまとめたサイトです。

      目黒区のペット可に関するマニアックな情報をお届けします。

      オリジナリティに富む盛岡の土地を知りたいならご活用ください。

      http://matome.naver.jp/odai/2143964714002303701

      http://okwave.jp/qa/q1771357.html

      http://girlschannel.net/topics/427933/

  • 関連リンク

    • 注文住宅を工務店で建てる

      注文住宅は工務店に依頼して建てたいと思ってる方もおられるかもしれません。確かに工務店に依頼して注文住宅を建てることができますが、しかし、工務店と一口にいってもさまざまな種類があります。...

    • 建売住宅と比較して注文住宅が魅力に感じられる点とは

      住宅を手に入れる時に、建売住宅を購入する方のが安価であるからと注文住宅を避ける人もいますが、必ずしも建売住宅の方が安いとは限りません。確かに基本的には自由度の高い注文住宅が予算が高くなる傾向にありますが、自由度を逆手にとって費用を抑える建て方も実現できます。...